中医薬膳専科Course Introduction

中医薬膳専科の特徴

1年コース

POINT1日本中医学院教授による明解な中医学教育の実施

中医薬膳専科の講義は、大きく分けて、中医学の理論と薬膳の理論(弁証施膳を含む)、及び薬膳調理の3つに分けられます。

中医学の理論は、中国の国立北京中医薬大学や日本中医学院を卒業した中医師であり、中医学を教えるプロが講義をしております。薬膳の理論(薬膳学・栄養学・弁証施膳)は中医学教育の専門家が実施。

POINT2国際中医薬膳師受験資格と合格への指導

中医薬膳専科を卒業すると、中国中医薬研究促進会が認定する「国際中医薬膳師」の受験資格が取得できます。中国中医薬研究促進会は、中国政府が認定している団体です。試験は日本で受験する事ができます。日本中医学院では受験対策勉強会を行っており、合格にむけてのバックアップ体制も充実しています。

なお、中医薬膳専科を卒業後、「中医薬膳研究科」でスキルアップを図ることが出来ます。中医薬膳研究科では、中医学の理論や弁証施膳についての知識を深める事が可能です。

更に、中医薬膳専科を卒業後、中医学に対する知識を深めたい時には、「中医中薬専攻科」に編入する事もできます。このように、日本中医学院では中医学を学びたいとお考えの方に、様々なコースを設けております。

また、薬膳の基礎となる知識は中医学です。将来的に薬膳関係のお仕事に就きたいとお考えの方には、中医中薬専攻科(3年コース)で基礎をしっかりと勉強し、3年間の中で薬膳も同時に勉強をすることができるコースもご用意しております。

カリキュラム

総時間数:800時間(集中講座195時間 自宅学習605時間)

科 目 総時間数 集中講座 自宅学習
中医基礎理論 80時間 20時間 60時間
中医診断学 80時間 20時間 60時間
中薬学 80時間 20時間 60時間
方剤学 80時間 20時間 60時間
中医内科学 80時間 20時間 60時間
中医栄養学 100時間 17.5時間 82.5時間
中医薬膳学 100時間 17.5時間 82.5時間
調理実習 50時間 17.5時間 32.5時間
弁証施膳トレーニング 50時間 17.5時間 32.5時間
作品発表会 20時間 3時間 17時間
夏期特別講座 10時間 5時間 5時間
卒業試験(試験対策勉強会・試験) 70時間 17時間 53時間
合計時間 800時間 195時間 605時間

集中講座毎月2回 10月生:第1・3土曜日および日曜日 4月生:第2・4土曜日および日曜日 

土曜日 13:00〜16:30 日曜日 10:00〜16:00 *但し変更する場合があります

【講座内容】

1)中医学理論講習:中医学基礎・臨床の各科目
2)調理実習と弁証施膳トレーニング:
 ≪実施内容≫
 ★基本調理法、薬膳粥
 ★袪風(春の薬膳、肝陽上亢、高血圧)
 ★滋陰・清暑(夏の薬膳)
 ★滋陰・潤燥(秋の薬膳)
 ★補気・補陽(冬の薬膳)
 ★利水・袪湿(梅雨、肥満、アトピー)
 ★薬酒の作り方
 ★清熱・解毒(ニキビ、痔、鼻蓄膿症)
 ★解表(感冒の薬膳)
 ★理気・行気(肝気鬱、便秘)
 ★補血(美容と婦人疾患)
 ★補腎(糖尿病、滋養強壮)
 *但し、都合により変更することがあります
3)夏期特別講座
4)作品発表会:受講者が作成した作品を発表(講師が添削指導)